普段洋服をいかに着こなしてお洒落をするかということは考えるけれども、着物を特に着たいと強く思う人は多くいないでしょう。着つけがわからないという人もいますし、着ている時の身体を締め付ける感じが不快だという人、着た後の手入れが大変だという人もいます。実際、普段着物を着ない現代の日本人にとっては慣れないこともあり、着物は面倒な衣類だと感じている人も少なくありません。
しかし、海外に行けば、なぜか日本の物や文化がすべて愛おしく、誇らしく、美しく感じられることがあります。日本にいてはわからなかったことが、海外に出て視点が変わるということも有り得ます。あれほど着付けも所作も手入れも面倒だと感じていた着物ですが、日本人ならではの品の良い動きを実現させ、とても華やかに見えます。清楚で落ち着いていてとても綺麗です。
海外からの観光客が日本で着物を着ている姿を見ると、外国人は日本人よりも日本のことや着物の良さをわかっているのかもしれないと感じることもあります。日本人としては恥ずかしいことであり、もっと自分達の文化を大切にするべきだと自覚する瞬間でもあります。冠婚葬祭など特別な日だけでなく、もっと普段使いで着物を着たいと思う人が増えたら素敵だと思います。